2016年4月21日木曜日

5/14,15 春と修羅 クラヴィコードと朗読

ギャラリー組むさんにて、クラヴィコード奏者の内田輝さんと共演することになりました。以下、組むさんのHPより。

------------------------------------------------------------------------------------------------

「春と修羅」クラヴィーコードと朗読 内田輝 × 岡安圭子

2016年5月14日[土] 19:30開演(19:00開場)
2016年5月15日[日] 14:00開演(13:30開場)  18:00開演(17:30開場)
終了しました




  わたくしといふ現象は ‥ 〜ひとつの青い照明です。
  と謳う迄に至る宮沢賢治の観察眼。
  14世紀に考案されたクラヴィーコード。
  この鍵盤楽器が内包する静寂を聞いたとき、
  わたくしといふ現象は唯の振動である。
  と、思わせてくれる。
  形はちがえど、賢治と14世紀の思想を響きという
  唯の振動に戻す。
  そこに、彼が観た何かを聞けるのかしらん。
  内田輝

朗読家の岡安圭子さんが、組むのHPの「感覚を開く」という言葉を見て
「まさにそういうことをテーマに活動している人がいるんです!」
と会わせてくださったのが内田輝さんでした。
感覚が開かれていることは、気づいていることにつながり。
気づくことは幸せにつながることと思っています。
しばし感覚を開き、耳を澄まし、微細な振動にチューニングをあわせていく。
そんなお楽しみいただければと思っております。
組む東京 小沼のりこ
fee ¥3000
お申し込み方法
下記の要領で、メールでお申し込みください。
件名「春と修羅 申し込み」
① お名前 ② お電話番号 ③ご予約人数
contact@kumu-tokyo.jp
------------------------------------------------------------------------------------------------

ご予約を心よりお待ちしております。




2016年4月14日木曜日

4/29(金・祝)『台所のオーケストラ』を味わう  Vo.1・春


 高峰秀子著/新潮社
 1982年新潮社より刊行、2000年文春文庫に収録。
 写真は2012年新潮文庫。

料理研究家の飯塚有紀子さんから、『台所オーケストラ』の朗読を依頼されました。飯塚さんが、大好きなお菓子作りを仕事にして多忙な毎日の中でふと手にするのがこの本で、いつでもお菓子作りを始めた頃の原点に戻れるのだそうです。

著者は、昭和を代表する女優で随筆家としても知られる高峰秀子さん。
ページをめくると右側に食材にまつわるエッセイ、左側にはその食材をつかったレシピが載っていますが、分量は一切記載されていません。
「なんでもかんでも粗めに刻んじゃいます。」で始まるミネストローネのレシピは「月桂樹の葉をコトコト煮ます。野菜がとけちまう寸前に深めの皿に盛り、パセリを散らして、粉チーズを添えます。」とどこまでも軽やかなリズムでキッチンを踊るように弾んでいきます。「大女優」どころか、こんなお母さんが家にいたら楽しいだろうなぁ、料理をする音を聴いてみたいなぁ、とわくわくします。

当日は、飯塚さんがこの本に因んだ食材からブランチを作ってくださいます。おいしい匂いでいっぱいのアトリエで、『台所オーケストラ』を音で楽しんでみませんか。そしてこの本にゆかりのあるとある方もゲストでいらしてくださる予定です。そちらもお楽しみに。

素敵なGWの始まり、ご予約をお待ちしております。
-----------------------------------------------------------------------
日時:2016年4月29日(金・祝) 午後12時〜14時
場所:UnPur 台東区浅草橋4-5-4 斉丸浅草橋ビル4F 
読み物:『台所キッチン』高峰秀子著(新潮社)
料金:¥2,500-(ランチつき)
満席となりました
ご予約:okayasukeiko@gmail.com まで、 
    お名前とご連絡先をお知らせください。
-----------------------------------------------------------------------
※新潮社様のご協力のもと、著作権者さまに使用許諾を得ております。



2016年4月2日土曜日

VoiceSample宮沢賢治『やまなし』

夏の終わり、2匹の子蟹になったような気分で娘と読みました。
(本文中の画像をクリックしてください。ボイスサンプルが始まります)




2016年4月1日金曜日

voiceSample みーちゃん

みーちゃん 2015/6/8
旅の朝、遊び疲れて眠り込んだ友人に声をかける。眩しい光と柔らかな空気に包まれて、彼女はなかなか布団から出て来なくて・・・
https://soundcloud.com/keiko-okayasu/15-06-08a


https://soundcloud.com/keiko-okayasu/15-06-08a

SoundCloudへ、いくつか声をアップしています。
どれもこれも、ボイスサンプルと呼べるようなきちんとしたものではありませんが、誰かのことを思って発したこの瞬間だけの声を残してみました。