2015年12月19日土曜日

『こゝろ』第12回@マレビト


およそ一年をかけて漱石の『こゝろ』を読もうと、今年の初めから始めたマレビト朗読会。気がつけば年末、その一年が経とうとしています。毎月八話づつ、物語がゆっくりゆっくり、本当に少しづつ進むにつれて、自分の暮らしもゆっくり変わっていきました。自分の周りも、やっぱり変化していきました。
『こゝろ』と共にあった今年、あのときのあの想いを漱石が解きほぐしてくれました。年の暮れにぜひ、自分の知らなかった自分と出会いに、ふらりとお立ち寄りください。

--------------------------------------------------------
読み物:夏目漱石『心(こゝろ)』 第12回
朗 読:岡安圭子
日 時:2015年12月26日(土)19時~ 1時間ほど
場 所:MAREBITO中央区新川1-3-23/八重洲優和ビル2階 
入場料:1,000円
定 員:10名 
要予約:okayasukeiko@gmail.com
--------------------------------------------------------

※この日は会場となるマレビトにて18時まで古道具展が開催されているため、いつもの朗読ワークショップはお休みです。でも、古道具展へもどうぞ足をお運び頂き、古き時代に身を置いて、朗読会までの心の準備体操などなさって頂けたらと思います。

2015年12月11日金曜日

声でつむぐ朗読会@馬喰町Art+Eat



「ですが、ほんとうをいえば、そのマザア・グウスはやはりわたくしたちと同じこの世界に住んでいた人でした。べつにお月さまのお隣の空にいた人ではありません。子供がすきな、そうして、ちょうどあのがちょうが金きんの卵でもうむように、ぼっとりぼっとりとこの御本の中にあるような美しい子供のお唄を子供たちの間におとしてゆかれたのでした。」
ー『まざあ・ぐうす』/北原白秋訳「はしがき」よりー
 
 
12/23(水・祝)の「声でつむぐ朗読会」では、馬喰町Art+Eatさんの大きな長テーブルをみんなで囲んで、まざあ・ぐうすのおばあさんがぼっとりぼっとり落としていったお唄を拾い、それぞれ声に出して紡いでいきます。明かりを落とし、ロウソクを灯して、今年一番の特別なあたたかい時間をつくりましょう。少し遅い時間ですが、小さなお子様、お腹の赤ちゃんのご参加ももちろん大歓迎です(参加費に含まれる飲み物はお一人様分ですが、別途注文することもできます)。暖かくしてご来場ください。
-------------------------------------------
「声でつむぐ朗読会」
長い年月をかけて語り、唄い継がれてきたマザーグース。
順番にお一人お一人に読んで頂き、みんなでひとつの朗読会をつむぎます。
大きなテーブルを囲み蝋燭をともし、あたたかい時間をつくりましょう。
12/23(水・祝)17:00~18:30 定員15名
参加費:¥1500( ジンジャークッキー&飲みもの付き)
ご予約:03-6413-8049
URL:https://www.art-eat.com
-------------------------------------------