2014年5月17日土曜日

麦小屋さんのBlogにて

下記の「白い花の季節の朗読会」は、予定人数に達しなかったため延期とさせて頂きました。またの機会を楽しみにして頂けたらと思います。

朗読会が来週となりました。
会場となる麦小舎さんのBlogにて、「道造さんの季節」というタイトルで素敵な文章と朗読会のご案内が載っています。是非ご覧下さい。

http://mugikoya.exblog.jp/20709397/



2014年5月2日金曜日

朗読会@麦小舎

下記の「白い花の季節の朗読会」は、予定人数に達しなかったため延期とさせて頂きました。またの機会を楽しみにして頂けたらと思います。

新緑の森にひときわ映える、真っ白なコナシの花。
山麓の春と初夏を繋ぐ、可憐な白い花が咲き誇る季節に、
北軽井沢で小さな朗読会をひらきます。


白い花の季節の朗読会
  − 小舎で聴く立原道造の詩 −




✳日 時:2014年5月24日(土)14時~(1時間ほど)
✳場 所:本とコーヒー 麦小舎
     群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-3407
✳入場料:1,500円(「五月のゼリー」付き!)
✳要予約:下記メールまたはお電話にて(定員25名)
     otayori@mugikoya.com/ 050-3668-7042 


-------------------------------------------------------------

■プログラム
・詩集「田舎歌」より、麦小舎での一日を想起させる詩を
・草稿「鉛筆・ネクタイ・窓」より、
 小住宅ヒヤシンスハウス(立原道造設計)に因んだ文章を
・『盛岡ノート』より、日常を離れて綴ったささやかな事などを
・その他、五月のゼリーのような爽やかな言葉の数々を

--------------------------------------------------------------

北軽井沢では、5月には白い小さなコナシの花が見頃だそうです。瑞々しい森の中に点々と咲く小さなコナシ。この白い花の季節に朗読会でお邪魔出来る事が嬉しくてなりません。
会場となる麦小舎さんは、浅間山のふもと、雑木林の中に週末だけオープンする小さなブックカフェです。薪ストーブと、周りを囲む森と、ハンモック(!)と、ツリーデッキ(!!!)と、おいしい一杯の珈琲と・・・。ご自身達で手を加えられ、少しづつつくり、直し、年月を重ねて来た小舎で、小住宅の設計も手掛けていた詩人 立原道造の詩を朗読させて頂くことになりました。

当日は、立原道造が恋人に「5月のそよ風をゼリーにして持って来てください」と語った、その5月のそよ風のゼリーがデザートにつきます。
新緑の中で、立原道造の言葉の数々と、冷たいゼリーの感触と、そして北軽井沢の緑の呼吸をお楽しみください。


また、麦小舎さんのBlogにて、このイベントを素敵にご紹介頂いています。どうぞご覧くださいね。
http://mugikoya.exblog.jp/20639582/