2013年3月26日火曜日

来週になりました

「或る魚はよいことをしたのでその天使がひとつの願をかなへさせて貰うように神様と約束していたのである。
かはいさうに!その天使はずいぶんのんきだった。魚が死ぬまでそのことを忘れていたのである。魚は最後の望に光を食べたいと思った、ずっと海の底にばかり生まれてから住んでいたし光といふ言葉だけ沈んだ帆前船や錨からきいてそれをひどく欲しがっていたから。が、それは果たされなかったのである。」
※立原道造「魚の話」より一部抜粋

来週になりました、「間」@滋賀県マンマミーアでの朗読会は、立原道造氏の詩を数編朗読します。この詩の世界観がとても似合う場所だと思います。

http://m----a.blogspot.jp/2013/02/blog-post_28.html

2013年3月21日木曜日

ユヌプラス展

朗読とは関係ないのですが、蔵前のinkyoさんで行われているユヌプラス展のDMに、親子でご協力させて頂きました。撮影は萬田康文さん。これまでに何度も娘の写真を撮って頂いているのですっかり慣れていて、撮影当日も娘はまるで家にいるように落ち着いていました。

きれいな白色のエプロンは大人用/子供用とあり、とてもかわいらしいです。子供用はDMのように白いブラウスやスカートとあわせてもよいですし、夏にはTシャツと短パン、スニーカーを合わせて着させてみたいなと思っています。inkyoさんは、まるでそこだけ時間の流れ方が違うような不思議と落ち着く場所で、いつも帰り道に時計を見ると「あ、こんなに時間が経っていたんだ」とびっくりします。うまく言えないのですが、コドモの頃の外遊びの時間に戻ったような、そんな感じがします。

ユヌプラス展は24日(日)まで。どうぞお出かけ下さい。

in-kyoさん

ユヌプラスさん