2012年12月26日水曜日

朗読会二つ、終了しました

「DIC川村記念美術館クリスマス2012」での絵本のおはなし会、日本橋茅場町Perfectly-Blankでの「ことばとおと」いずれも無事に終了致しました。ご来場頂いた皆様、お気遣い頂いた皆様、本当にありがとうございました。

イベント制作裏話を綴ってきました「ことばとおとのおはなし」は、近日中に最後のおはなしをUpいたします。また、絵本のおはなし会についても、近々このWebサイトでご報告を致します。


来年は、少し東京を離れて木の香りのする温かな空間で朗読したり、おかげさまでご好評を頂きました「ことばとおと」を引き続き開催したり、それからそれから・・・ずっと暖めていて、(でも少しだけ勇気の足りなかった)企画に着手したいと思っています。
そんな風にわくわくする気持ちで年が終えられるのは、ずいぶん久しぶりのように思います。朗読会自体は少なめでしたが、ひとつひとつが意義深く、とてもよい年でした。

今年もお世話になりました皆様に御礼を申し上げますとともに、来年もどうぞ、引き続きよろしくお願い致します。
よいお年をお迎えください。

岡安圭子



 photo by Junichi Tsutsumi

2012年12月18日火曜日

『ことばとおと』のおはなし

以前ちらっと宣伝させて頂いたのですが、今月22日(土)に、紙巻きオルゴールを制作している杉山さんと朗読の私で、日本橋茅場町のPerfectly-Blankさんにて「ことばとおと」というイベントを行います。

それで、イベント制作の裏話のようなものを、これからイベント当日に向けて何回かに分けてアップしていくことにしました。
語るのは、杉山さんと私。一話づつどちらかが、時間軸に沿っておはなしをしていきます。でも、ただ話していたのでは内輪受けみたいになるかなぁと思って、現在は中国にいらっしゃる、ライターの五十嵐友美さんに私たちのお話をまとめていただくことにしました。

おはなしをしていくうちに制作の裏話だけではなく、自分たちの活動のことや日頃の思いなんかも出て来たりして、それを五十嵐さんの手によって紡いでいただいて、なんでもないおはなしなんだけれどもとっても特別なものになりました。

初回は今夜、杉山さんが語ります。次回は12日水曜日に私が語ります。(もくじ、にスケジュールが出ています)
どうぞ、イベントまでの数日間おつきあい頂き、ぜひ当日に遊びにきて頂きたいと思います。

ことばとおと のおはなし
http://www.okayasukeiko.com/story.html

2012年12月10日月曜日

朗読会@川村記念美術館 終了しました

DIC川村記念美術館様にて毎年行われているクリスマスの催しにて、絵本のおはなし会をさせていただきました。


<同じおはなしを2回読む>
今回のおはなし会では、絵本『ゆきのおしろへ』を2回読む、という試みをしました。1度目は、オルファースの絵をスライドで壁面に上映しながら。2度目はスライドを消し、目をつむったり、雪のおしろをイメージした天井の装飾やクリスマス飾りやガラス戸の向こうの緑を眺めながら、マリーレンちゃんやゆきのこたちを想像して聴いていただきました。

子供が、繰り返し繰り返し好きな絵本をおかあさん読んでもらうようせがむ姿はなんともかわいらしいものです。何回も何十回も読みすぎて、いつしか、そらでいえるほどになった物語は母子にとって特別なものになることでしょう。自身の子育てを通じて企画しましたこの試み、当日は小さなお子様も、そしてお父様までも目を瞑って聴いて頂きました。